default

どのくらい水を使うかで利用料金も変わる

自分の日々の生活に最も適した最高のウォーターサーバーを見つけるために、各ウォーターサーバーの情報・詳細を照らし合わせて比較することはとても大事なことです。しかし一口に比較すると言っても、どのポイントをそれぞれ比べればいいのか分からない人もいらっしゃることでしょう。そういった方のためにウォーターサーバーの比較ポイントをご紹介します!


ウォーターサーバーは水の料金と維持費で選べ!

ウォーターサーバーの利用で最も重要になってくるのは月々の料金です。毎月かかる費用には水の料金とサーバーの維持費(レンタル代・メンテナンス代)があります。これらの料金が最も安くなる会社を選びたいと考える人がほとんどだと思いますが、料金が安いウォーターサーバーを選ぶためにはまず自分の水の消費量を知る必要があります。


毎月どのくらいの水を使うかで料金も変わってくる

水を大量に利用する人と、そこまで利用しない人とでは水以外にかける費用にも差がでます。そこまで大量には水を利用しないという人ならば、維持費をかける代わりに水の料金を抑えるという手もあります。自分の水の使用料を把握するために無料お試しサービスを使う方法などもありますので、まずはどれだけ水を使っているかを算出してみましょう!なお、下記のサイトでは様々な水宅配・ウォーターサーバー情報を見られます。

【参考サイト】
・水宅配サービスやウォーターサーバーの比較ランキングサイト…水宅配ナビ

default

使用するお水の比較

ウォーターサーバーでミネラルウォーターを利用してみると、水道水との味の違いがよく分かると思います。

また、そのミネラルウォーターにも色々な種類があり、それぞれ特徴があります。
軟水・硬水、含まれているミネラル成分など違いを知るためには、ウォーターサーバーの比較サイトを見てみるとすぐ分かります。

ウォーターサーバーの比較サイト

ウォーターサーバーの比較サイトはかなりたくさんありますが、サイトにより比較項目は違いがあります。しかし、水の種類や採水地については、ほとんどのサイトが紹介しています。

まずは硬度を比較する

お水を比較する場合には、まず硬度に注目してみましょう。現在、国内ウォーターサーバー会社が提供しているお水はほとんどが「軟水」と呼ばれる部類に入ります。しかし、軟水のなかでも硬度が20~30の「天然水」と、かぎりなく不純物がない「ピュアウォーター」もあります。赤ちゃんのミルク作りに使用するのであれば、「ピュアウォーター」を使った方が良いでしょう。逆に、大人の方で美容や健康を気にする方には「天然水」が適しています。

<参考にしてもらいたいサイト>
ウォーターサーバーの人気比較なび…水の情報だけでなく、各業者の料金プランやメリット・デメリットまで多くの情報が掲載されているサイトです。

default

ウォーターサーバーの宅配方法

ウォーターサーバーの宅配方法は、主に自社で行っているものがほとんどです。
よって宅配対象エリアなどがある場合が多く、それに該当しない場合は利用することができません。


<宅配エリアを設定しているウォーターサーバー>

ウォーターサーバーは自社で配送や回収を行っていることが多いことから、配送エリアが決まっているものです。
特に自然水を使用している場合には、やはり鮮度や採水量の問題もあり、配送エリアの設定である程度のトラブルを回避している可能性もあります。
リターナブルボトルを採用している業者では回収も行うことから、エリアに関しては厳密です。


<宅配エリアに柔軟なウォーターサーバー業者の傾向>

RO水であれば使用する水を問わず、全国各地で製造することが可能であることから拠点地も多く、宅配エリアに関しては広く設定しています。
また自然水、RO水に限らず、ワンウェイボトルの場合であれば、既存の宅配業者との提携により宅配エリアを広げている可能性もあります。
しかしその場合には、送料がバットかかることもありますので、確認しておきましょう。
生協などがウォーターサーバーとの提携で取り扱っていることもあります。
それによってカバー範囲を拡大している業者も見かけますので、ひとつの会社でエリア的に無料配送が無理と言われて納得できないときには、自分が好条件で契約することができる会社を探してみましょう。

default

ウォーターサーバーを電気代で比較しよう

ウォーターサーバーでは電気の力を使って、お水を温めたり冷やしたりしています。電気代が毎月かかるということになりますが、現在はあまり電気消費量の多くないサーバーも増えているそうです。そこでサーバーの機能や電気代などを比較してみましょう。


ウォーターサーバーの省エネモード搭載サーバーが人気

ウォーターサーバーでは省エネモードを搭載しているサーバーがあります。このウォーターサーバーは非常に電気代が安くなっているものが多く、利用しない時間に電源を落とすことで、最大3分の1まで電気代を削減できるそうです。電源が落ちていても、温水が出ないだけで、常温の水はいつでもサーバーから出すことができるので、電気が入らないから、ウォーターサーバーが一切動かせないというわけではありません。


電気ポットも1000円くらいかかるもの

電気ポットの種類にもよりますが、ウォーターサーバーと比較するとそこまで大幅に電気代の違いはないそうです。使う頻度にもよりますが、電気ケトルを使う家庭、電気ポットを使ってお湯を沸かしている家庭であれば、ケトルやポットのお手入れが必要なくなるという点では、サーバーは非常に便利になると考えられますよね?サーバーの中には常温、冷水のみというものもあるそうですから、その辺も踏まえて選ぶようにしましょう。

default

ウォーターサーバーの便利な点

自宅にウォーターサーバーを設置する方がどんどん増えています。一番大きな理由はおいしい水、安全な水へのこだわりがどんどん大きくなったことだと思いますが、自宅にウォーターサーバーがあるといろいろな手間が省け便利のことが多いのが大きいように思います。


水を運搬する必要がない

おいしい水が飲みたいという理由だけならば、ペットボトルを買ってくるという方法もありますし、最近はスーパーでも容器だけ購入しておけば、無料でおいしい水を提供してくれるサービスを行っているところをよく見かけます。ただ、いずれの場合も自宅まで重い水を自分で運んでこなければならないという問題があります。その点、ウォーターサーバーは業者が水を宅配してくれますから楽ですしかなりの手間が省けます。


冷水と温水が使える

またウォーターサーバーは冷水、温水が使えるということも大きいように思います。ウォーターサーバーの温水の温度はお茶やコーヒーを入れるのに適した温度に保たれているようですから、いちいちお湯を沸かす手間が省けますし、料理の時などにもすぐにお湯が使えるのは助かるのではないかと思います。冷水の方も暑い夏場に大きなペットボトルを冷蔵庫で冷やしておく必要がなくなりますから非常に助かると思います。

© ウォーターサーバー研究所
Copyright © 2012 ウォーターサーバー研究所. All Rights Reserved.